人事を尽くして天命を待つ

Sexy ZoneとSixTONESと色んな感想と虚妄時々関ジュの話。

SixTONESの”JAPONICA STYLE ”で、MV及び何かしら作ってほしいという妄想

JAPONICA STYLEスゲェ~~~!!!!!

 

少年たちが始まってからレポで状況をうっすら把握(しかし全く解らず)

とにかくこれはやばいと奇跡的に当選した松竹座公演を参戦した時も観劇後はまるで彼らと一夜を共にした感(とんでもない語弊)(しかも見たのは昼公演)がして痺れたまま。

そして11月10日に放送されたザ少年倶楽部にて発覚した『JAPONICA STYLE』の正確な歌詞。

 

こんな素敵な歌詞とメロディと音と衣装と雰囲気…物語というか歌詞を加味して深読みマンになるしかなくないですか!?!?

 

という訳で書きためていたものです。

大体人物設定で終わるタイプなので物語のオチは多分ありません。というかダンスの事とかも出てます。もはや何のメモなんだっていう。こうだったらいいなだとかそういうのも含まれてます。私の性癖が詰め込まれているのでそこの所ご注意ください&どうぞよろしくお願い致します。(いつもブログにあげる前に、一足早く私の妄想をきいてくれる友人ちゃん、ありがとう。)

 

 

~(こういう)時代背景(だったらいいな)~

文明開化により考え方や身なり、建物や生活スタイルが変化してきた明治時代。

それをよく思う人間、日本を大切にするあまりそんな欧米文化を毛嫌い若しくは受け入れられない人もいる。

 

大体時系列?というか想像していただく年数は高校に上がる前から今の皆の年齢ぐらいまで。ビジュアルは実際の彼らと異なる所もあります。ジェシーがずっと金髪だったり。

皆々様、ジェシーと駆け落ちしたくないですか…ハァ…

 

 

ジェシー(21)…日本と隣国の架け橋的な存在の父に連れられて日本に来た。高校入る前とかかなぁ…この時まだそんなに日本語は出来ずカタコト(例:舞台『少年たち』で披露されたジェシーのカタコト日本語的なやつ)。高校生になり政府関係者や実業家が集う夕食会(パーティ的なやつ)に親に無理矢理連れていかれる日々が続く。同世代の子がいても自分の顔色を伺うばかりで楽しくなくて心を許せる友達もいなかった。

 昔一度だけ会った綺麗な歌声の友人を探していると、「…何か用ですか?」と、瓶に入った水を飲みながら星を眺める使用人と会う。そもそも彼の名前が単純に覚えやすい(英単語にもあるしね!)。嘘偽りのない笑顔の彼に自然と惹かれる。言葉の壁が不安だったが、彼はかつて学校に通える身分だったため教養があり、多少の英会話は出来た。パーティが彼の働く家で行われると必ず会いに行くジェシー。彼のお陰で徐々に日本語を覚えていく。

 成長するにつれて日本人離れした長身な体格なため街を歩くと目立つようになり、入学した高校では地位目的のため寄って来る上辺だけの友達(直ぐに自分の親の話をしたりする)に嫌気がさす。誰も本当の自分を見てくれない。綺麗な柄の着物を着ている黒髪の彼が気になる。しかしいつも本を読んでいるし誰かと話している姿を見た事がないため話しかけづらい。

 時々帰り道に見かける聴き覚えのあるメロディーで歌う綺麗な歌声の子に話しかけたくて木の陰から聴いている。(本人にはバレている。)。高校に上がる寸前に実は会っている。彼からもらった扇子はボロボロだがまだ部屋にかざってある。くるくるして遊んでいたためちょっと綻んでいる。

 

 「愛が足りないのに そっと微笑んで」「太陽に身を焦がし 徒然なるまま」「どっち行こうか? どうしよっか?」

 

夢女子的妄想…季節は春。桜が舞う中に日本人の黒髪では無いものが見えてよく見ると金髪の人がいて目を引かれる。日差しが後光のように指していてキラキラしていてすごく綺麗で振り返った時に視線が交差した時に時が止まった感覚に陥りたい。彼とは身分差というか社会の追い風のようなものの関係で堂々と会えずこそこそ会いたい。夜に女の子の家の扉の前で待っててそのまま月を眺めながらクスクス笑いあいたいし「寒くない?」って自分の首にあるスカーフみたいなの巻いてくれる。バレたら周りからは「混血なんかやめろ」とか言われる。簪*1をくれる。バレた矢先には開き直って人前で手とかつないでくる(逆にね!)。平気で駆け落ちしようとか言い始める彼に怒りたいし「俺の事キライなの…?」とシュンとしながら訊いてくる彼にズキズキと胸が痛くなる(というか痛くなりたい)。立場上ジェシーは女の人をアメリカに連れて行けるものの、外国人は日本に来れても日本人は外国には行けない時期があった。そのため引き離されるが今度は自身が外交官となって再び日本に戻ってくる。

また出会った時の桜の木の下で会いたい。それまでもらった簪をずっとつけていたい。 ジェシー!!って胸に飛び込みたい!!ハッピーエンド!!

 

 

松村北斗(22)…老舗呉服店の息子。兄がいるため家を継がなくてもいいものの、勉強には手を抜かず武道も習う文武両道の青年。

 最近学校が同じの隣国からの金髪の彼が気になるがいつも彼の周りには人がいて話しかけられず、近づけずにいる。人に話しかけるのが苦手。家が呉服店のため、流行には敏感で欧米人を新たな顧客として経営的な観点から見ている。家全体は決して欧米人を毛嫌いしている訳ではない。自分自身は西洋の事にももちろん関心がある。家のために商品を扱って欧米文化と上手く融合して日本と隣国の共存を手助け出来ないか考えている。ジェシーに髪を褒められる。2人が歩く姿は正に異様。金髪の彼のために大きいサイズの着物を作ってくれる。

 「お前が継ぐべきだよ!!」と、言われるものの、最初は「俺は次男だから…無理なんだよ。」「世襲主義なんだ、だから仕方ない。」と、家を継げない事に対しては不満を漏らしていなかったが年を重ねるごとに真剣に自分の事も家の事も考えるようになり家を継ぎたいと思うようになる。

近い未来にジェシーと共に海を渡って着物の展覧会をしてほしいな~と思っていた野菜に見つけたこれ↓

 こういう感じの店出身。といっても一番上に出てきたやつ。多分日本で創業が一番古い1555年。フィラデルフィア万国博覧会というアメリカのイベント参加。その際に明治9年に出展して賞を受賞している。→

www.chiso.co.jp

 

ぴ っ た り す ぎ る !

 

恋愛沙汰…着物作ってくれる(物理)(重い)…というより簪を手作り出来そうなタイプ。 「俺、面倒だよ。」とか「俺らと一緒にいると大変だから」と言って旅の一座(SixTONES)についていくのを拒まれたい。好きな人が出来たらなかなか話しかけられずに周りに「北斗、あの子の事好きだろ」って言われて「ハァ!?」となるタイプ。夜桜を一緒に眺めたい。橋の上で彼を見かけた時にあまりにも虚ろな目つきをしている姿を見て止めたいし「何勘違いしてんの、俺そんなヤバい顔してた?」って笑われたい。      

 思わず外で朝まで寝てしまいハッともたれていたであろう北斗君の肩から離れると「…何て親に言い訳すんの。」 と、顔色悪そうにしている北斗君に言われて謝りたいし座りっぱなしだったから身体は痛いしお互い親に何て言い訳しよう~って困りながらそのまま学校に行きたい。帰宅して初めて自分の髪に簪がある事に気づきたい

「何が起こるかは わからないなんてさ」

 

 

森本慎太郎(20)…家は数々の武道場の経営をしている。家が攘夷派のため欧米人を毛嫌いしている家に生まれ育つ。外からの文化を噂だけでとことん批判する家に嫌気がさしていたし、自分自身は西洋文化に憧れていた。いわゆるミーハー、新しいもの好き。金髪茶髪カッケー!!ってタイプ。街を歩いていた時に長身で金髪の男の子に話しかけている姿を親族に見られてしまい縁を切られる。との会話は最初ボディランゲージだった。その髪!かっこいいね!!と伝えていた。危険を顧みないタイプで逆立ち、台宙ができる。よく河原でやっている。

 幼馴染である黒髪の読書青年と学校は違うけど空手道場は同じ。最近疎遠気味だったが金髪の青年をきっかけに疎遠解除。バンカラスタイルがよく似合う。「北斗~~俺縁切られたんだけど~」「は!?」的な。それ以来北斗君の家でお世話になる。(軽い)

  

恋愛沙汰…好きな人とは時代の流れのせいで失恋するタイプ。でも諦めがつかないから何年経ってもその人の事が気になって仕方ない。桜を見るとその恋を思い出して木の幹殴るタイプ。失恋後はしばらく河原で寝転びながら空を眺めてる。たとえ撃沈すると解っていても自分の思いは伝える。「はーー…解ってたけどキツイな…やっぱ。」(撃沈した日の夜)「夢 恋 桜 ほら 伝えるよ」

orずっと好きな相手がいてでもその人は好きな人がいて「応援してるから…だから、頑張れよ!」って背中を押してくれるけど本当は自分の方に振り向いてくれるのをずっと待っている。「自分信じるなら 未来変わるかも」

お互い両想いなら、慎ちゃんと共に 夢 恋 桜 旅に出たい。茶屋とかで団子とか食べたいです。各地の茶屋を回ろう。 

 

京本大我(23)…何処に行っても”京本”の名がまとわりつくため本当の自分の実力を見てもらえない。そのため家を出た元華族の青年。上流業界のパーティとかにも呼ばれる身分だった。

 実は家を出る前に一度ジェシーと会っている。つまらない大人だらけの上辺だけのパーティにいじけてテラスに避難し、ワインボトルとかが入っていた木箱に座り歌っていたら同じく避難してきたジェシーと会う。その頃、言葉は通じなかったが、歌で通じ合えた。その時に沢山持ってるからという理由で赤い扇子をあげる。無理矢理連れてこられたジェシーにとって日本文化に興味を持つ良いきっかけとなる。2人が会えたのはその時のみでそれ以来会えなくなる。

 高校を中退して自分の事を知っている人がいない場所を求めて貧民窟(現在でいうスラム街))へたどり着く。「どうしようか…」と、自分の突発的な行動に一瞬迷うものの、その時に着ていたものや髪の毛をぐしゃぐしゃにして泥で顔を汚す。

 「お前見ない顔じゃん、新入り?」と、生まれも育ちも貧民窟という痩せている青年から色々と教えてもらう。自分の事に関して何も探ってこない彼を信用してしまう。貧民窟でのしきたり、お金の稼ぎ方、暮らし方…労働終わりには酒を飲んだりと彼のお陰で貧民窟での生活が彼にとっては物珍しく新鮮で楽しく感じるものの、ある日を境に彼に会えなくなる。

 いつも通り労働後に桜を見に行くために街へ行き、河原でボーっとしていたら自然と昔口ずさんでいた曲を歌っていた。誰かに見られてるなぁ程度には気づいていたもののあの時にテラスであった金髪の少年だとは気づかず、桜が散り終えそうな時に話しかけられる。日本語が上手くなっていたため最初は気づかなかった。

 

「やってみようか? どうしようか?」

 

恋愛沙汰…そもそも恋愛わからなさそう。ステイタス狙いの女ばかりで恋愛どころじゃないしそもそも興味が無い。

 

 

田中樹(22)…貧民窟出身。戸籍は無い。つまりはいなくなっても誰も捜索願は出せない。幼い頃は窃盗などを繰り返していた。日雇い労働から帰る時に身なりが整っていて陶器のような綺麗な肌の青年が自分で自分を汚している姿を見てしまう。小奇麗な格好をしていたので「訳アリっぽいし明らかにココ出身じゃない…コイツを助けたら後から恩返しされるのでは…」と、彼を利用しようと考える。数日後に実は今捜索願いが出ている京本家の人間の一人だというのを拾った新聞で知り、更に彼に優しくする。労働後にはよく飲んでたり仲間と騒いでいたりしていた。彼と一緒に過ごすにつれて自分が彼を利用しようとする心に罪悪感を抱き始める。根から悪い人間ではない。

 その矢先に貧民窟に欧米人の女性が訪れて連れていかれて貧民窟から姿を消してしまう。何故ならば、物好きな欧米人に好かれてその女性に一時期飼われる事になるから。髪長めのビジュアル。飼い主によってや茶髪、赤髪、金髪、銀髪に染められたりしたことがある。日本文化が好きな女性の衣裳部屋には扇子が沢山あり一本盗んだ事がある。(沢山あるためバレなかった)。飼われている間は「働かなくてもメシは出てくるし屋根のある寝床はあるしラッキー」という気持ちと同時に「アイツを利用しなくて済んだ」と安心している。

 飼い主の女性が着物を着ている姿を見て「……俺は何で敵国のヤツに」と目が覚めて女性の家で働いていた日本人の使用人に付け込み家から逃走。決して毛嫌いしている訳ではなく、西洋人を利用しようと考え始める。その家には2年ほどいたため語学を覚える。現在は時代も変わり、知り合いのコネでホテルボーイをしている(黒髪ばっちりセットのオールバック気味)。学校には通えていない、というより学校には通う余裕がなかった。ある意味常識外れだが固定概念に囚われていない考え方ができる。お金が大好き。

 「運命感じるかも 人生変えるかも」→自分は貧民窟出身の生まれながらにしてどん底の人間で他の5人は自分とは違う過ぎる身分だけど、そんな樹が5人と出会ったことで「運命感じるかも 人生変えるかも」と、少しでもそう思ってくれたらどれだけエモいんだろうか。「諸行無常でも 果敢に挑んで」「独自の世界」

 

恋愛沙汰…本気にならない。 自分が生きていくことで精一杯。もし「あ、コイツ俺の事好きだな」って良い所のお嬢さんに好かれている事に気づいても貧民窟出身だし身元がはっきりしていない立場上付き合おうとも思わない。告白されても「俺なんかやめときなって」と、はぐらかすようにして頭をポンとして手を振りながら去って行く。立場とか関係ない系の事をしつこく言うと「あのさぁ…立場云々以前にいつ俺がお前の事好きだなんて言った?変な勘違いしてんじゃねえよ。」と冷たく言われて泣くと、「…だーもう!!悪かった悪かった!!ごめんって!!おいおいこんな所で泣くなよもう~~…ちょっとこっち来い…」って言われて橋の下とかで慰めてくれる。女の子の涙には弱い田中樹。その女の子の為を思って冷たい事を言うけど謝ってくる優男。やっぱり女の子に冷たい事なんて出来ない。

 

 

高地優吾(23)…大学在学中に自国に入り込んできた欧米人に家を買収されてしまった元財閥出身の青年。そのため大学を中退して働くことに。家も財産奪われてしまったものの、時代のせいだからと達観になり割り切ってかつて自分の家だった場所で現在は住み込みの使用人として働いている。

 働き始めて間もない頃、休憩中に庭に迷い込んできたと思われるやけに身長の大きい金髪の青年に会って、度々会うようになる。「俺が仕事中の時には話しかけちゃだめだぞ「何で?俺らトモダチじゃ…」「あ~これは日本の文化なんだよ、俺は使用人でお前は…うん、とにかく色々悪い噂とか流れるとな、お前が困ると思うんだよ。」と、自分がジェシーの立場の事も考えて誰かがいる時や仕事中の時には話しかけないように教えた。窓の外からジェシーがこちらを見ていたら手をあげて答えてくれる。中学と高校は卒業済。メンバーの中で一番常識がある。

 

恋愛沙汰…一番幸せな家庭が築けそうなのに「俺なんかやめておいたほうがいいですよ~あはは」タイプ。でも結婚を前提にお付き合いしてくださいって告白されたい。失恋して泣いてたら「何泣いてんだよ」って帽子を被せて顔を隠してくれる。

 

 

 

~ビジュアル再確認~

ジェシー(ずっと金髪)、京本君、北斗君、高地くん…ジャポニカのビジュアル

樹は女の人によって髪色がコロコロ変えられているので京本君と出会った頃は黒髪でも赤、金、茶、銀と変わる。

慎ちゃんはジェシーに憧れて髪を染める→ジャポニカのビジュアルになる。

 

会う所まとめ

 

実業家の家(元は高地くんの家)にて…ジェシー→高地君

京本君←ジェシー

道で…ジェシー←慎ちゃん

空手道場にて…北斗君→←慎ちゃん

貧民窟にて…樹→京本君

 

・慎太郎を通して知り合うジェシーと北斗君、「あ…同じ学校の…」っていう展開がほしい。やっと話せるジェシーと北斗君。どんどん絆を深めていただきたい。でも2人が並んで歩いているとやっぱり目立つため扇子で顔を隠しつつコソコソ移動している姿を見たい。「俺ら顔バレすると面倒だからな」「な。」(既にバレてる)(可愛い)

 

 

北斗君の「何が起こるかは わからないなんてさ」…扇子を落として花が茎から落ちる儚さの表現にしか見えなくて儚いマジで綺麗。マジで人生何が起こるか解らない。突然死ぬかもしれない。\人生まさかの連続!(CVジェシー)/

高地君の最初の「夢恋桜~」のくだり、北斗君は正面向いて扇子ぱたぱたしてるけどジェシーは横向いてる。まだちょっと心開けてない的な感じに捉えちゃったけど最高に萌える。

 

”やっぱり Japonica style”=一度仲良くなった6人がバラバラになり戻って来る流れ。

 

 

ネタになりそうなメモ

 

横浜外国人居留地…英字新聞とか雑誌が発刊されていた、キリスト教会、ミッションスクール、社交倶楽部、テニス場(講座 明治維新 第6巻 明治維新と外交より)

欧米人にとって大きい花をつける日本原産の百合の花が珍しく、写真が海外に流れて欧米の人に衝撃を与えた。欧米の百合は小ぶりの花の集合体だったため。(講座 明治維新 第6巻 明治維新と外交より)

江戸時代に一座的なものはあった(演劇のジャポニスムより)

安政6年6月に横浜、長崎、函館が開港。イギリス大使館の通訳(日本人)も切られてる。攘夷派による"異人切り"の存在(明治維新の正体より)

横浜開港資料館、なんと200円で入れてしまう。

 

 

…という感じです。

一人一人が皆と繋がれるようにしたんですがやっぱりメイン的にはジェシーで、6人には一座を組むために集結してほしいし、でも樹は生まれも出身も自分の立場が皆より下でそう思い込んでるのは樹の本人だけで「コイツら甘えてんなぁ」とイライラしてほしいし、それでやけになった樹が一時期抜けるんだけど一緒に暮らしてきた貧民窟の人間から裏切りの報復として襲われそうになってる時に5人が助けに来る~とかもうそれ馬鹿田魂出てきちゃうよ~~~(混乱)あと、皆の衣装を松村家に集まって決めたり採寸したり、とJAPONICA STYLEは妄想広がりますね!!!!!

 

 

↓参考文献↓

 

明治維新と外交 (講座 明治維新 6)

明治維新と外交 (講座 明治維新 6)

 

 

演劇のジャポニスム (近代日本演劇の記憶と文化)

演劇のジャポニスム (近代日本演劇の記憶と文化)

 

 

明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ

明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ

 

 

ズドン!!!!!!

*1:かんざし。簪を女性にプレゼント=あなたを一生護る=一生添い遂げたい=現代でいう指輪をもらう的なやつ。簪を髪にさしたらOKというサイン

草間君と関ジュ周辺の話。(10月~11月前半)

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171109122359j:image

ご無沙汰しております。

いつもこのブログを読んでくださりありがとうございます。上の画像は某サイトでテキトーにテンプレに当てはめて作ったものなのでどうぞご自由にお使いください。フリー素材です。文字入れるだけで簡単にできます。*1

 

毎度お馴染みこのブログの主はセクガル*2SixTONESのオンナ*3だというのに記事のほとんどは関西ジャニーズジュニア…中でもFunky8が好きなについて……という現状ですが割と好評です(勝手に思ってます)(ありがとうございます!!!)(アクセス率高いんですよこのカテゴリー!!)

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171109122239j:image

 

近所のスーパーに行ったらこんなものが…!!!

中身*4は姉である私が美味しくいただきました。今は妹ちゃんの部屋に飾ってあります。 

 

はてさて、今回もそんなこんな(?)で東の(沼)方角から西についての状況を大雑把に伝えていきたいと思います。某青い鳥SNS*5をやっていると嫌でも目についちゃうよね。

 

10月初め

某ドル誌の事を告知する非公式アカウント、その中に草間リチャード敬太の名前が無い。非公式アカウントだから単純に忘れてるだけかな~~って思ったけど本誌で彼はおたふく風邪という事が明らかに(向井君の証言)。

そういえばこの時期って場所によっては大4は入社式とかあるよね…

ファンが安心したのも束の間。次の号である12月号にはいるだろうと思いきや…またしても草間リチャード敬太はいなかった。

 

数日後

大阪の松竹座で毎年冬に行われている関西ジャニーズジュニアのコンサート。通称:クリパが決定。

ここででっかいジュニアとちっこいジュニアで日にちが分かれていた。前にもこういうのはあったらしい。

そのでっかいジュニアの方には林真鳥、草間リチャード敬太、末澤誠也古謝那伊留の名前が無かった。まあデビュー組のバックダンサーにつく疑惑が出ているし末澤誠也に至っては舞台もある。しかしとにかく8人は揃わない。その事が重大らしい。

が、妹ちゃんはやはり応募した。なんかクリパの倍率はとんでもないらしい。

 

数週間後

 

私のLINEにLove-tuneの単独ライブのセトリが送られてくる。その中にスクショによりアップで送られてくる[象]の文字。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171109122330j:image

 

私「あ~Love-tuneがライブで象を歌ったのか~」

といった感じだったが…妹はとてつもない関西過激派なので

「東京モンが関西の歌を歌うなや」といったLINEが送られてきた。

 

(いやいや関西のジュニアだって東京の曲使うじゃん~~~は彼女前では言ってはいけない。うんうんととりあえず頷いておくのが身のためだ。もちろん全ての関西ジャニーズ好きがこういう訳ではないのは聡明な皆様なら理解してくれるだろう。)

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171109122342j:image

上の記事は平将門君ではなく正門良規君。少クラin大阪で小島健、佐野晶哉、吉岡廉と共に象を披露した。

 

 

10月20日

11月号にいなかった草間リチャード敬太はまたしても某ドル誌の告知をする非公式アカウントの中に名前はなかった。

こ、コイツ…関西の目印担当だというのに12月号もいないのか!??!

道頓堀からグリコが無くなるようなものじゃないの!?!?

アメリカから自由の女神がなくなるようなものじゃないの!?

おたふく風邪ってなった事ないけど…そんなにやばいの!?

 

10月23日

クリパの当落日

妹ちゃん、奇跡のクリパ第一希望当選。凄い。彼女は関ジュを愛しすぎている。略してカノカン。彼女は徳を積みすぎている。略してカノトク。*6

しかも驚いたことに私が吉岡廉の記事で神のご加護を~とかいうキリスト教徒でも無い無宗教者の私の言葉が天に届いたのだろか、これを書いた翌日の出来事であった。マジで神のご加護かな!楽しんできてくれよな!

 

10月24日

私、ジュニア大賞目当てでMyojo様を購入する。ジャニヲタになって初のジュニア大賞だ。因みにFunky8が写っていた。なんだ、いるじゃないか。大丈夫じゃないか。

偏差値が3しかないので関西ジャニーズジュニア限定部門には全て長尾謙杜*7と書いた。漫才の所は道枝君を入れ込んでおいた。

SixTONES目当てで購入したテレファンに関ジュがいたため妹の部屋に投げる。

 

10月29日

私、少年たちのために大阪へ。きちんとあったので一枚撮ってきました。通天閣へ行ったときにビリケンさんの絵馬にたくさんのFunky8が公式化になりますようにと書かれた絵馬がどっさり。早くしてやれよ。まだなってないのか。私が某まとめサイトでまとめを書いてからあと1ヶ月で1年経つぞ…

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171109122302j:image

 

11月3日

妹ちゃん*8、一つ目の受験終了

 

11月6日

藤原丈一郎君と大橋和也君のW主演舞台が決定。

てっきり喜んでいるかと思いきや、

「おっかしいな いくらみても、林真鳥の文字がみつからないまとくんは?まとくんに演技の仕事は?それはそうと、彼らは春松竹出ますよね、2月はリハあるけど、出ますよね、春にやっと8人揃うよね、ほんとに舞台って強いやなって思い知らされた まじ関ジュ、関ジュ担報われろ卍」

というLINE。

全然喜んでなかった。いや、喜ぶよりも先に夏の少年たちに林真鳥が出ていたらもしかしたら今回の舞台に選ばれていたかもしれないという妹ちゃんの言い分なのである。(夏の関ジュによる少年たちには林真鳥はいなかった。)(そして今回藤原丈一郎君と大橋和也君の抜擢は少年たちの演技を見た関係者によるものだった。)

 

妹は2回ぐらい行きたいらしい。当たるといいな。DOGFIGHTの時は妹が落選して私が当選するというとんでもないオチだった。マジで感謝してほしい。

しかし今回は私は協力出来ない。万が一億が一当選してしまったら私は行けないからだ。だが、静岡の方にはいきたい、何故ならば自担*9の故郷であるため行ってみたい。夜行バスのSAでしか停まったことがない。

 

 

実はこの数か月で草間君のジャニーズプロフィールが2回ぐらい消えるという事件が起きていた。今では元通りになっているらしいが…ファンはてんやわんやである。マジで変なバグはやめていただきたい。

 

この10月から現在まで、妹ちゃんは怒涛の受験ラッシュ、忙しくてTwitterの情報が追えず、12月号の予告にリチャード君がいない事を知ったのも藤原君と大橋君の舞台が決まった時に私に言われてやっと知ったぽかった。

1つの受験が終わればまた別の受験が待っている。面接文を何度も暗唱するも言葉が詰まるが何度も読み返し口に馴染ませるようにして練習する受験生(の目の前にはFunky8で写っているジュニアカレンダーの切り抜き)の声を子守唄にしてすやすやと寝る私。

別の日には4連勤終わりに思わず夕方に寝ていただけなのにイラついていたのか彼女が寝ている私冷たく放ったのは「のんきだなあ」だった。何をのんきな事か。これでも全然のんきじゃないぞ。やる事一つ一つ抹殺してるんだぞこれでも。ジャニーズと同じで努力は見せないスタイルでお送りしております。あのジュニアもそのジュニアもまたその向こうのジュニアも努力を見せないんだぞ。

 

 

 

…とまぁ、そんな風にジュニアの足元はいつだってガタガタで、関ジュがどんどん辞めていくのではと不安+受験に追い詰められた私の妹がヒステリックに言い放った言葉。

 

「ほんっっっっっっっっっとに応援出来るうちにしとくんやぞ!!!ジュニアってな…儚いんやからな!!!!」

 

 

 

と、言われたものの、私は現在までジャニヲタしてきてまだまだ取り返しのつくジャニヲタだと思っている。

何故ならば私は好きなものがジャニーズだけではないからだ。

他にも心の拠り所になる存在は沢山ある。

何だかんだで自担の写真は一度も購入した事がない。

本当に自担が好きなのか、これは単純にファンなのか、それとも新たなジャニーズという世界に惹かれているだけなのだろうか。

もしも自分が好きなジャニーズジュニアに何かあったら…私はどうなるのか。

まだその時を迎えたことがないので解らないが、“儚い”瞬間を私は感じた時どう思うのだろうか。

 

 

ということで、11月10日、18時から放送されるザ少年倶楽部にて、SixTONESが少年たちで歌っていた『JAPONICA STYLE』が放送されます!!和服だし扇子だし菓子が和!!!ジャパニーズって感じ(CV.安井謙太郎)です!!!「マイコ、和物好きじゃん?」

 

 

どうぞ、お楽しみに!!!!!!

*1:PhotoFuniaというアプリです。写真を当てはめて看板風に出来たりします。

*2:Sexy Zoneのファン

*3:SixTONESのファンの間で呼ばれているSixTONESのファンの愛称。まだ決定では無いが根づいてしまっている。

*4:ただのレモンティー

*5:ジャニヲタの大手情報源。というか全ての情報源は大体Twitterだ。

*6:彼女は嘘を愛しすぎている的な

*7:私が唯一若干知っている関西ジャニーズジュニア。因みに手を出すと逮捕される年齢である。

*8:もうこのブログのレギュラーメンバーになっているブログの主の妹。現在受験と受験に挟まれながら何とか生きている。最近情報が追えていない。朝ドラのわろてんかをいまだに1話から現在まで溜めている。本当に見るのか。1日15分も積み重ねていけば結構な時間になる。英語と同じで力(量)が付きます。

*9:このブログの主の担当である黒髪ノーピアス読書家で時には破天荒気味な所を見せるSixTONES松村北斗

レンはレンでも吉岡廉と最近の関ジュの話。

ジャニーズで"廉"といえば誰が思い浮かぶだろうか。

永瀬廉?

 

多分6割の人は永瀬廉を思い浮かべるだろう。

Twitterで"廉"という名前を見たら多分私も永瀬廉だと思うだろう。

 

このブログはタイトル通り、𠮷岡廉の話です。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022203857j:image

 

𠮷岡廉です。よしおかれん。

関西ジャニーズJr.のベーシストです。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022203915j:image

現在18歳の社会人である。1年前はDKであった。3日後に19歳になる。 

 

 

関西ジャニーズJr.が大好きな妹*1曰く、"外見はチャラいが中身はそんなにチャラくない"そうです。

いやいや、アレだけ家の中で「うわ~~~~~ヨシレンチャラいわ~~~~うわ~~~~~!!!!!!」と大声で言い張っているのに…人を見た目で判断するのもどうだと思う。

 

 f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022204428j:image

私の第一印象としては松坂桃李だった。めっちゃ似てる気がする。 

↑の写真は松坂桃李です。1枚目と2枚目は𠮷岡廉です。

 

 

 

 

「一緒にサッカーせぇへん?」のヨシレンはリア恋らしいです*2

 

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022203942j:image

 

 某M誌様にいた𠮷岡君。多分こういう姿って見たいファンなんて沢山いるんじゃないかなぁと思いながら私自身も思いました。向井君GJ!*3

 

そういえば私は彼の事を以前見ていた。

そう、炎の体育会TVの中の上田ジャニーズ陸上部である。

しかもこの発言!!

10年間ボクシング経験!!

これがもはやジャニーズかよ、ジャニーズにボクシング経験10年でしかも全国2位を2回とってる。

ジャニーズをやりながらとか普通に凄い。

 f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022210202j:image

 

 

 

そんな𠮷岡廉君、KAT-TUNの上田君の気に入ってる奴である。

 f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022210211j:image

 

 

収録中にボクシングをし始める始末だ。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022210239j:image

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022210244j:image

 

宮川大輔さんに慌てて止められているものの…

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022210248j:image

 

 f:id:jurijurijurijurijurijuri:20171022210257j:image

この一言である。

そしてこの後に黄色い歓声だった。

楽しいならそれでオールオッケーだな!!!

 

 

 とりあえず彼の情報が少なすぎるが、関西弁を話す18歳でベースを担当している関西ジャニーズJr.の一員という事しか情報しかない。

 

まいジャニに小島健と正門良規が最近よく出るようになったので彼も出していただきたい所存である。というかまだまだ学生が似合うと思うしドラマで学生役、宅配便のお兄さん等々出来るのではないのだろうか(突然のマーケティング)

 

話変わります!!!!

再び関ジュ全体の話。

ジャニーズ業界の沼に籍を置いてやっと1年。

この界隈はほぼ毎日何かしら起こるな~~と。良い事も、悪い事も。

多すぎる謎の用語に悩まされ*4続ける現在だがまた謎の用語が私の耳に飛び込んできた。

 

"クリパ"である。

いやいや、世間でいうクリスマスパーティーじゃん。

なのに関ジュ業界では…関西ジャニーズジュニアによって大阪の松竹座で冬に行われる舞台の事だった。

 

複雑過ぎる…複雑すぎるぞジャニーズの用語……!!

そして用語が解らなさ過ぎて頭を抱える私をよそに騒ぎ始めるメンバー問題。

 

大まかに分けると平日は大きい関ジュ。土日は小さい関ジュ。多分小さい関ジュは学校があるから土日しか出来ないのかな~?って思ったけど大きい関ジュの方にもいるからな?!?!?!学校通ってる人!!!しかも何か人間足らなくない?夏にも同じことあったじゃん、こんなデジャヴいらね~~また妹が荒れると思ったら既に荒れてた。これも既視感。最近マジで"しね"しか言われてない。大荒れである。彼女の心は台風のようだ。

 

本日23日はクリパの当落日ですね。

妹ちゃんに神のご加護がありますように。

*1:このブログの主の妹。もはやレギュラー化している。SixTONESが大好きなブログの主のブログなのに何故かこのブログには殆ど関西ジャニーズJr.の事しか書かれていない事に対して疑問を持てない。明日台風で休校になるかならないかの瀬戸際で情緒が不安定で私の布団をぐちゃぐちゃにしていった。風呂は30分かかる。

*2:from少クラin大阪2017にて

*3:Good Jobの略。良い仕事!という意味。これ使うと私の世代がバレそうですね。

*4:センステ、全ステ、ファンサ等々

超個人的!○○しそうなジャニーズJr.選手権~!!!ドンドンパフパフ!

 

↓日々生活をしているとふと思い浮かんでくるこういうやつ↓

 

 

 

 

 

んで大体の私の中でのベストオブ回答がこれ

 

 

 

※一応北斗担です

 

青春に、田中樹はつきものらしい。(某炭酸飲料のCM風)

 

 

とはいえ、田中樹以外にも魅力的で素敵なジャニーズジュニアは他にもいる訳で…

 

なので!!!ここにメモ代わりにまたブログに残そうかと思います…!

つくづく中高生の頃はノートに書きためていた(二次創作)のに今ではブログという電子上に残すっていう…超デジタル化…

そしてパソコンからだから全然疲れない!!最高!!!スマフォからじゃないし親指が死なない!!アナログじゃないから手も真っ黒にならない!!

 

形式としては

シチュエーション→候補者+理由→…という流れでいきたいと思います。

勿論私の独断と偏見です、間違ってることもあるし完全捏造です。ご注意ください。

 

 

第1段!

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20170713214719j:plain

※イメージ図(写真は職場が海に近い友人から。)

 

候補者

 

田中樹

→夏が似合う!海でナンパしてそう!永遠の爆モテDK!もうぶっちゃけ彼と一夏の恋を体験したいって思わない女子はいないんじゃないかって思ってるぐらい…特に絡まれている所を一応労働者の立場も弁えて穏便に平和的に済ませてくれそう。(つまりキレないし喧嘩ふっかけたりしない)。変に喧嘩っぱやくなったりしない(そこは大人)。夜中に住み込ませてもらっている部屋に来て「花火やんね?」ってコンビニか何処かで買ってきてくれた花火をじゃーんって見せてくれそう。2人きりで線香花火とかやりたい。田中家のツタンカー麺が好評。女性客をおだてて注文を取って来る。「デザートにソフトクリームとかどう?ミニサイズもあるよ!」って色々と商売上手。常に女性第一を考えている女心掴むのが上手い。

 

 

森本慎太郎

→湘南の海が好き!ジェシーに止められているもののサーフィンが趣味な年下の彼。幼さ故(とはいえもう20歳)ちょっと喧嘩っ早い所がある。キッチンもホールもこなす。たまに躓きかけている。前髪あげてそう。勤務終わった後に誰よりも早く走ってサーフボードを抱えて海へ走っていく。それを見ていたい。それで当たり前に「腹減ったな…何か食いに行くか…」と何処かへ誘われたい。周りの事をよく見ていて「店長!ちょっとコイツとゴミ捨てに行ってくる!」と手を掴まれ、「1つ持とうか?」と言うと「いーよ!ていうか…何か顔色悪くない?大丈夫?」と外に引っ張ってきてくれるし、自販機でジュース買って堤防から海を眺めつつ20分ぐらい海の家に戻りたくない。戻って「遅い!!」と、2人で怒られたい。

 

高地優吾

→何だか麦わら帽子が似合いそうという勝手なイメージから高地くんも候補者に。「はい、どーぞー!」と、幼い子供にソフトクリームを渡してそう。ホール内で働いていると「はい、水!喉乾いたでしょ?」と気遣い◎!ホールで笑顔振りまいてたりするのが大半だけどキッチンで真剣な顔して焼きそばジュウジュウ炒めている姿も見たい。頭にタオル巻いてそう。でも汗が垂れてきて「ごめん、ちょっと手が離せないから首のタオルで汗拭いてくんない?」って甘えてきたりする一面も。「ありがとー、今ので終わるまで頑張れそうだわ」の照れ+笑顔にやられたい。夏の太陽よりも眩しい高地優吾の笑顔…!サボったりしないしサービスが多い。たまに友達のジェシーが来て一人席のカウンターに通して特別扱いっぽい事をしているがよく働くため周りも見逃す。

 

 

萩谷慧悟

→真面目に焼きそば作ってるイメージ。バイト初日前に一番海ではしゃいでた。勤務中は結構静かめ。話しかけても「んー。」「はーい。」「了解。」みたいな感じ。太陽がまぶしくてしかめっ面になっていただけなのに女の子が絡まれてたら「…何してんすか…」って言って目つきの悪さに相手が逃げそう(本当は眩しいだけ)。当の本人は「(太陽眩しいなぁ…店の前で無理矢理なナンパとか営業妨害だよ…)」と考えている。無遅刻無欠席。休憩時間は裏の日陰で寝てる(半目で)。縁の下の力持ちタイプ。誰かが「そろそろオレンジジュース切れそうじゃない?」「あ、俺さっき補充しておきました」って言ってくれる。

 

阿部顕嵐

→上手くサボりつつ実は見守ってくれている。30分に一回は「おーい、あらーん!サボってんじゃねーよ!」「は~い…じゃあ、これ俺の番号ね!…連絡、待ってるから。」って聞こえてくる。待ってるだなんてずるい~!!絶対に連絡しちゃう...去り際に頭ポンポンしてくるとかずるい~~!バイト先が大体ナンパ先になるアランくん。海に入る気はそんなに無い。あんまり汗もかかない。仲良くなってしばらくしたら夜に呼び出して夜の海を歩きたい。気取ってるように見えてすごくよく食べるしよく飲む。そのギャップに全力で負けたい。

 

岸優太

→世話しなく動き回る。「ラッシャイ!ラッシャイ!!」って聞こえてくる。急停止した時に料理やジュースをこぼしかけたり…常連のギャル系の女性陣から「岸くーん、頑張ってー♡」と言われて「あざっす!あざっす!頑張ります!」って返してる。たまにお茶をキッチンからもらってゲホゲホむせてる。浜辺で迷子になっている子の所へ走って行き「どうした?ママは?」としゃがんで目線を合わせて頭ポンポンして「あーそんなに泣くなって!よし、一緒に探すか!」と手を繋いで足を砂だらけにしながらその子と歩く。んで戻ってきて「何サボってたんだ岸ー!!!」って店長に怒られても「すいません!!ちょっとトイレ行ってました!!」と隠す。

 

 

と、まぁこんな感じです。

全然1位が決まらない…決められない…

 

 

気を取り直して(?)次、行きましょう!!

 

 

 

その前にどのジャニーズJr.がピアス空いているか調べなくてはならないじゃないか~~っていう。しかもジャニヲタになったのが遅すぎてピアスエピソード全然解らない…でも空いてない人に空けてもらうのもありなんじゃないかなって…所詮捏造妄想だから何でもありですね!!!※一応軽くですがざっとジュニアのピアスについて調べたのでピアス穴の有無つきでやります!

 

※途中から「怖いなら俺が開けようか」というフレーズが無くなってきます!!!

 

 

田中樹/有

→はい、そこ、また樹かよって言わない。付き合って数年経った頃に樹が毎回ピアスをつけているので話題はピアスの話に。「ピアス怖そうなんだよね~」と言うと「あはは、怖いなら俺が空けよっか。」と冗談交じりで言われたい。樹本人は冗談のつもりで言ったはずなのに本気にしたい。というか、樹と同じピアスがほしいと思ってピアスデビューをすることにしたい。それ以来、「膿んだりしてない?大丈夫?」と、会う度に耳を気にしてくれる。全然痛くない。

 

森本慎太郎/有

近所に住む年下の幼馴染である慎太郎君に空けてもらいたい。いつも通りベランダからお邪魔させてもらって、その時にピアスのキャッチを踏んでしまい、「ごめんごめん、あ、それ?ピアスの裏側のやつ。」興味を示すと「俺今新品(ピアッサー)の持ってるよ!」と引き出しの中から取り出して「気になる?あげよっかこれ。」ともらうが、空けてほしいなと言うと「え!?俺が空けんの!?…失敗しても知らねぇぞ…」と渋々言いつつ「ちょっとこっち来て座って。」と言われる。この時の慎太郎さんが滅茶苦茶カッコいい。もうオペ前の医師みたい(?)。慎太郎さんの正面に座ると、グイッと寄ってきて「女の子だから右か…印つけた方が良いかな…」とブツブツ言いつつ髪の毛を耳にかけてくれる。ちょっと痛い。

 

岸優太/有

幼馴染10年目ぐらい「はぁ!?俺がやんの!?無理だね!ぜーーーったい無理!!!」と全力で拒否されてしまい、自分でやろうとすると、「…いやちょっと待てって!…ったっくしょーがねぇなぁ!!…俺がやるよ。」と最終的には空けてくれる。空ける直前に「いいんだな?本当にいいんだな!?」とか訊いてくる。痛くない。終わった後に「俺ももう一つ空けようかな」とか言い始める。帰りに「あーちょっと待って待って!……これ、やる。」と新品のピアスをもらう。お礼を言った時に岸君の耳にも同じピアスが付けられているのを見てドキドキしたい。

 

 

森田美勇人/有

単なる大学の友達。部室で空けもらいたい。ビビりの森田君だけど「俺?良いけど…」ってすんなり了承してくれる。付き合ってはいない。「ピアッサーある?」から始まって「いくよー、はい、できたよー」であっさり済ましてくれそう。「膿まないように気を付けてね。」って言ってくれるし「今度ピアス買いに行こうよ」とかも◎そこから交際が始まって「今思えばあのピアス買いに行く事が無ければ付き合わなかったよね!」っていうピアスから始まる恋。何かオシャレな森田くんにぴったりだな(小並感)

 

 

以上です!!!!!

夏が終わる前に投稿しておきたかったので良かった…