人事を尽くして天命を待つ

Sexy ZoneとSixTONESと色んな感想と虚妄時々関ジュの話。

Love-tuneのTシャツを着てライブで拳をあげたかった

 ※今年でやっとジャニヲタ歴2年になったド新規がさっきLove-tuneの退所の話を知った胸の内です。もう何もかも勢いで書いてしまったので誤字脱字はあるかもだし文体も変かもしれません。こんなタイトルを書いたらもう一生本当に無いみたいで嫌だからまたライブをしてほしいです。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20181130211914j:image

事務所からのお知らせ

 

金曜日の夜だった。いつも通りYoutubeの更新を時差の関係上夜10時まで待たなければいけないのでそれまで映画を観て待っていた。そんな時に友人からメッセージが来た。私はすぐさま状況を確認した。把握して、でも理解は出来なかった。意味が解らなさ過ぎて放心状態の後に思いっきり泣いてしまった。Twitterはお通夜状態。らぶ担の人もらぶ担でもない人も"事務所からの退所報告と日程のお知らせ"に大混乱。突如突き付けられた事実と事務所の行動の2つがジャニヲタを混乱に陥らせた。

「は~~~マッジで意味わかんない~~」しか出てくる言葉が無く、泣いた後に出てきた感情はただ悔しい、それだけだ。 私は自分が思っているよりもLove-tuneが好きだったんだ。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20181130211924j:image

全員いない状況

 

この事が発表されるまで色んな噂や不確定な憶測が沢山ネット内を飛び交った。それもジャニヲタ界隈あるあるなんだと流していた。事務所の派閥だとかいざこざだとか全然聞いても見ても事実か不明な物は基本的には馬耳東風。年功序列より実力主義、運も実力のうち、すごく理解出来る。

 

でもあの7人を失う事はあまりにも大き過ぎる損失だと思う。 ファンがどれだけいると思っているのか、1年前の単独Zeppライブは一体なんだったのか。

 

どんどんメディアでLove-tuneを見かけることが無くなってきて、らじらーやニートニートニートの公開が何度も沢山のファンの不安を救ってくれた。安井君がメンバ―の名前を出したり、Love-tuneではないメンバーがLove-tuneの名前を出すだけでそれで嬉しかった。聴いていて辛かったのはらじらーで安井君が「ニートニートニートにCALLが流れる」という知らせにとても慎重に言葉を選び、詰まらせながら話していたことだ。あの安井君がだ。雑誌にはいないし全員揃わないし、それで残酷にも今回お知らせが来てしまった。

それに私でさえこれだけ辛いのだからずっと彼らを好きな人たちはもっと辛いに違いない。終わった事をどうこう言っても仕方ないのは百も承知。

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20181130222711j:imageLove-tuneのTシャツ

 

1年前の10月22日、「今買わなければ一生買えないかもしれない」と思って急遽バスを予約してLove-tune Live 2017の物販へ行った。朝の8時から、数人がすでに並んでいた。8時間近く立ったまま本を読んで、販売が前倒しになって、開始数秒で購入出来た。この日は一人各種1枚までだった。個数制限を設けなければならないほどLove-tuneは既に人気だった。

「今回はライブに応募をしなかったけど2017もあるし2018もあるよね~このTシャツを着てライブで拳あげたいな~~!!」と思っていた。

 

  

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20181130211936j:image

Love-tune

ありきたりな言葉しか書けないけど、Love-tuneの"必ず爪痕を残す"という全力なスタンスが大好きでした。オリ曲はどれも耳に残る曲ばかり、少クラでのパフォーマンスはピカイチ、皆個性が光っていて、いつでも本当に仲の良さが伝わってくるほど見ているこちら側も幸せになりました。これからは絶対に幸せになってください。人生をジャニーズに捧げてくれてありがとうございました。マジで絶ッッッッッッ対に幸せになってくれよな!!!!!!!

 

f:id:jurijurijurijurijurijuri:20181130222731j:image

もしかしたら今後Love-tuneが何か別の形で動き始めるかもしれないし、一般人にとして余生を送るのかもしれない。でもジャニーズ事務所Love-tuneは終わってしまった。

 

 

私も「俺たちと、皆で、せーの!!Love-tune!!」ってしたかった。局動画越しにしていたけど私も熱量を味わいたかった。

今後こんな事は起きてほしくない。